*

イラガの幼虫に要注意

徒然日記

一昨日、妻が庭作業をしていた時、急に「痛っ!」という声が聞こえたので、何が起こったんだろうと行ってみると・・・

「何かに刺されたみたい」

と、手を見てみると腕の内側が真っ赤にミミズ腫れのようになっていました。これはいかん!とキンカンを塗って、その場は治まったのですが、昨日の夜頃から痒みが出てきて、今日見てみると赤く腫れていました。

イラガの幼虫に要注意

ネットで調べてみると、どうやらイラガという蛾の仲間の幼虫が原因のようです。
そして今日の午後、庭を見てみると・・・

いました!

イラガの幼虫!!!

イラガの幼虫に要注意

今までこんな虫がいるとは知りませんでした。

イラガの幼虫に要注意!です(笑)。

コメントをいただき、ありがとうございます!

« »

“イラガの幼虫に要注意” への6件のフィードバック

  1. 千葉のO.S. より:

    奥様、災難でしたね。
    それでも、お顔でなくてよかったです。どうぞおだいじに。

    イラガの幼虫には私も刺されたことあります。細かいとげは毒針ですね。蜂に刺されたように痛かったです。

  2. odyssey より:

    千葉のO.S.さん、暖かいコメントをいただき、ありがとうございました。

    (以下、妻からのメッセージです)

    ご心配頂き、ありがとうございます。
    時々、かゆ~~くなり、いまだに腫れがひきません。

    この歳になってこのようなハプニングは初体験でした。
    これからガーデニングが少し怖くなりそうです(笑)。

    どうぞO.S.さんもお気を付け下さい。

  3. みーみまま より:

    こんにちは、初めてコメントします。
    実は、うちのブルーベリーにもイラガが大量発生してます。
    もうちょっとで、紫色に実った実と共に刺されるところでした。
    すんでいるあたりでは、オゴジョとかオゴゼというのは聞いたことあったのですが、
    正式名称はイラガなんですね。

    ところで、写真の葉っぱは、アイビー系の葉っぱですか?
    何の葉っぱですか?

  4. naopy より:

    みーみままさん、コメントありがとうございます。

    おっしゃるとおりこれはアイビーです。

    剪定をしていると、突然の痛みに飛び上がりました。
    イラガがその辺にいるのがわかっていれば、素手で触ったりしなかったのですが、イラガというのは厄介なことに、通った後に体の針が残っていただけでも、その針が人間の皮膚に付きすごい痛みが出るそうです(汗)。

    ブルーベリーに大量発生されているとのこと、ゴム手袋をされて、慎重に割り箸か何かで取り除き、徹底駆除してくださいね。

    うちにもブルーベリーの実がそろそろ色づき始めているのですが、イラガの恐怖を忘れかけていました。

    私も、慎重に見てみることにします(笑)。

  5. みーみまま より:

    ブルーベリー狩り、どうかおけががありませんように。
    うちも今年はブルーベリーが豊作の予定でした。子供が小さいので、1.5m
    くらいあった木を、ゴム手袋はめて、汗だくになって、0.3mくらいに剪定しました。
    で、ほとんど、実が無くなってしまったし。。。。。。

    アイビーにもイラガくんはやってくるのですね。
    アイビーの近くでここ何年かの間に数匹みつけたことがあり、どこから
    やってきたのかしらと思ってましたが、
    こちらも気をつけないとだめですね。

  6. naopy より:

    みーみままさん、ブルーベリー残念でしたね。
    子供さんもきっと楽しみにされていたでしょうに・・・。
    でも、お怪我がなくてよかったです。
    あれはいつまでも痛くてかゆいですから。

    幸いうちのブルーベリーにはイラガくんはやってきていませんでした。
    去年はヒヨドリ一家がやってきて、もう少しで食べ頃と思っていたブルーベリーをほとんど食べ尽くされてしまったという経験があったので、今年は2本のブルーベリーの木をすっぽりネットで覆っているのです。それでイラガくんも入れなかったのでしょうか(笑)

    猫の額ほどの小さな庭ですが、他にもいろいろ植えています。
    人間がおいしいものは、鳥や虫たちも大好きなんですね。
    日々戦いです・・・(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://blog.guitar-craft.com/archives/200909164776/trackback