*

サイモンとガーファンクル、最高でした!

徒然日記

昨晩、サイモンとガーファンクルのライブコンサートへ京セラドーム大阪に妻と二人で行ってきました。
S&G Live at Osaka
私が中学生の時、今からちょうど40年前の頃です。ギターを手にして彼らの曲をラジオからテープに録音し、ひたすらコピーをしていました。知らない間に彼らのLP全て買いそろえて、レコードがすり減るくらいまで聴いていました。
そんな彼らの生の姿がステージに現れた時、血が逆流するかのごとく感動しました。
時にはユーモアたっぷりのMCを交えながら、二人が67歳とは思えないほどパワフル、かつ繊細な演奏でした。
そして2時間のライブはあっという間に終わりました。
S&G Live
ライブ記念のブックレット(写真:上)には次のようなキャッチが書かれてあります。

「あれから40年・・・
あなたは何処で何を
していましたか?」

帰りの電車の中で、ライブの様子を思い返しながら、この40年間に起こった出来事を思い出していました。
そして妻が「また一つ、一緒に想い出作りができたね」といってくれました。妻と出会えて良かったなぁ、一緒にライブに行けてよかったなぁ、としみじみ想いながら帰宅しました。

コメントをいただき、ありがとうございます!

« »

“サイモンとガーファンクル、最高でした!” への4件のフィードバック

  1. (▼д▼)/=馬主さん より:

    涙が溢れて
    止まらないのは
    僕だけじゃなかったんですね!

    思い出は
    しまい込む物のではなくて
    楽しむ為に
    みんなと共有できたら最高ですね!

    特に
    妻や子供達と!!

    羨ましい限りです。

  2. S&G良かったですか!?
    指が良くなってリハビリはS&Gの「BOXER」で!
    嘘です。^^;「Anji」で!ー。ー;
    「Anji」弾きたいんですけど難しいんですよねー。

    どっぷり浸って下さいね。

  3. 堀江(兄) より:

    中学生の頃、S&Gの大ファンでした。
    友人と二人で彼らの真似をして、おぼつかないギターとハモリを練習していたのを今でも鮮明に覚えています。

    約30年前の大学生3年の時、再結成ライブを大阪球場に見に行きました。
    当時は大スクリーンなどなく、二人を豆粒ほどにしか見られませんでしたが、大変感動しました。

    鳥取に単身赴任しておりまして、ライブに行きたくても行けませんでした。
    ライブに参加できた樋口さんがうらやましいです。

  4. odyssey より:

    馬主さん、四葉野玄馬(よつばのくろば)さん、堀江(兄)さん、コメントをいただき、ありがとうございました。

    本当に素晴らしいコンサートでした。憧れの二人がそこにいるだけで感激の嵐でした。

    馬主さん>

    多くの方が涙を拭きながらライブを見ておられました。
    私もその中の一人で、私の隣の中年男性の方もそうでした。眼鏡を外しては涙を拭き、を繰り返されていました。

    また私たちと同じ中年カップルの数が多かったことも印象に残りました。

    四葉野玄馬(よつばのくろば)さん>

    ポールサイモンのギターはとてもシブかったです。
    あの場に居ることができて本当によかったなぁ、と思っています。

    堀江(兄)さん>

    スクリーンに映る彼らの細やかな表情を見ることができて、技術の進歩って素晴らしいなぁ、と思いました。
    若い頃の憧れはいつまでも美しいですよね。
    単身赴任生活はいろいろと不便があるかと思いますが、健康に充分ご留意されてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://blog.guitar-craft.com/archives/200907144345/trackback