*

君と歩いた青春

徒然日記

「君がどうしても~帰ると言うのなら~♪
もう止めはしないけど~~♪
心残りさ少し~♪
幸せに~~できなかったこと~~~♪」

私は二十歳の頃、農家の納屋の二階の学生下宿で暮らしていました。
カセットテープがすり切れるほど聴いた曲が「風」の「君と歩いた青春」です。
同名のライブがこの9月4日に大阪城ホールで開催されるということで、早速チケットをゲットしました。

出演者は伊勢正三、イルカ、太田裕美、尾崎亜美、加藤和彦、杉田二郎、南こうせつ、山本潤子・・・とそうそうたるメンバーです。
以前行ったTULIPのコンサートでもそうでした。きっと今回も感動の嵐で涙腺開きっぱなしになるんだろうなぁ(笑)。

朝からハイテンションです!!!
フォーエヴァー青春~~~(笑)!!!

コメントをいただき、ありがとうございます!

« »

“君と歩いた青春” への2件のフィードバック

  1. そうそうたる面子ですね。南高節さんは大学の大先輩。
    NACK5の「K’s Transmission」というアルフィーの坂崎さんがやられておられるラジオはこの辺りのフォーク界の大御所がお出になってます。
    そちらではお聞きになれないでしょうか。関東圏なので。
    因みに坂崎さんも大先輩です。

    風の「君と歩いた青春」初めて聴きました。YOUTUBEには沢山あったので、
    結構流行った曲なんですね。歌詞の内容は現代にも通ずるものです。
    私にはこういう経験が無いのでピンと来ない部分も多いですが。

    潤子さんは素敵な声ですよね。
    この辺りの年代の方々にガンガンに行って貰いたいです。
    やっぱ政治や社会が良くない方向に行ってるので、「反対」する意思表示を
    しないといけないと思います。
    この不況で「自衛隊に入ろう」と歌っても、安定してて良いんじゃない?
    と言って終わりそうですが。

    日本は崖の上、崩れ掛けているのにそこを守ろうとしている保守ばかり。
    ポニョじゃなくて、「崖の上のニッポン」ですね。

    ライブ、楽しんで下さいね!「酔いどれかぐや姫」シャーララー(笑)。

  2. odyssey より:

    四葉野玄馬(よつばのくろば)さん、コメントをいただき、ありがとうございました。

    風の3rdアルバムのWidless BlueというLPに入っていた曲の中で、この「君と歩いた青春」と「地平線の見える街」がとても好きだったので、ずっと聴いていました。
    音楽を聴くと、かつて経験した記憶が蘇ってきますね。クーラーもない、テレビもない、四畳半の狭い部屋でしたが、良い想い出をいっぱいくれた部屋でした。

    「崖の上のニッポン」・・・なんとかしないと・・・

    私たちの判断(一票)で良くも悪くもなるんですよね・・・ちゃんとしないと・・・いけないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://blog.guitar-craft.com/archives/200907114334/trackback