*

一回休み

携帯投稿

入院中
昨日、仕事中に左手を負傷してしまいました(中指第一関節切断)。
救急車で病院に搬入され6時間半にわたる再接着の緊急手術を受け、指はなんとかくっついています。
2〜3週間の入院治療が必要とのことです。
自分の不注意により、現在ギターをお預かりしているオーナー様、およびリペア待ちのお客様に大変ご迷惑をおかけすることになり、本当に申し訳ございません。
またメール等でのお問い合わせや予約ご依頼への確認にもお応えできない環境です。復帰後必ずお返事を差し上げたいと思いますので何卒ご了承の程、お願いいたします。
昨日の手術は部分麻酔で意識はあったので手術室の様子を聞きながら色々なことを考えました。
リペアには支障なく回復してもギターを弾くには相当なリハビリが必要だろうな〜とか…
「動脈縫合完了」とか「良い静脈がないなぁ」とか、手術中の先生の言葉を聞いてると「おぉ〜リペアされてるやん」とか…
「当分ビールなしはつらいなぁ」とか…
そして今回の事故は人生のどういう意味のサインなんだろうとかの反省もしていました。
きっと人生ゲームで一回休みのマスに当たったんでしょう(笑)

コメントをいただき、ありがとうございます!

« »

“一回休み” への32件のフィードバック

  1. Jodai より:

    お世話になっておりますJodaiです。

    先程お電話を頂いた時はショックで
    うまくお話できなくて申し訳有りませんでした。

    私の父も職人で2年ほど前に脳梗塞で
    手先の自由が無くなり廃業した事を
    思い出しました・・。

    樋口さんの今の辛さや悔しさも
    痛いほどわかります。
    手術も無事終わったとの事で安心しましたが
    十分療養し無理の無い復帰を
    願っております。

    お大事になさってください。
    では、失礼しました。

  2. 四葉野玄馬(よつばのくろば) より:

    画像が出ていないなーと思ったら、そんなことどうでも良いくらい、
    大変な事が起きたんですね。

    完全回復されることを願っております。ですがここはゆっくり療養されて下さい。そしてまた「凄腕リペア」を見せて頂きたく思います。

    地元に日産工場があり、周辺に部品工場があるのですが、昔バイトをしていた所の方々は機械で指を失われている方も数人おられましたが、どんなに注意していても避けがたい事故なのでしょうね。疲労などもありますから。

    いや―でもびっくりしました。お大事になさって下さい。

  3. kado_ms より:

    樋口 さま
    残念なことになってしまいましたね。
    でも、人生ゲームの「一回休み」とは言いえて妙。

    ご存知のとおり私も昨年は「一回休み」だったと思っております。
    立ち止まってこそわかる事も多いのではないでしょうか。

    「けが」は残念ですが「大事に至らず、よかったんだ!」と思いましょう。
    月並みですが、あらためて「お見舞い申し上げます。また会いましょう。」

  4. 沖縄のたま より:

    あれ!更新がないなぁ・・ どうしたんだろう?
    と思っていましたところ、事故の報告にびっくりしました
    手術は成功したとのことですので、まずは一安心です
    時間はかかると思いますが、あせらず、少しお休みして、
    傷も、心も、完治して戻ってこられることをお待ちします。

    ゆっくり治してくださいね

  5. R.O より:

    私は、ちょうど1年ほど前にリペアしてもらった以降、
    このページを見させてもらうことしかしておりませんでしたが、
    いつも丁寧な仕事ぶりを見て感心していましたのに、
    こんなことになられているとは思いもよりませんでした。

    これからのリハビリは大変でしょうが、
    まずは、ゆっくり療養して、心身ともにリフレッシュしてください。
    そして、完全復活して、凄腕振りを見せてください。

    樋口ブランドのオリジナルギターの完成を心から期待しております。
    本当に、お大事になさって下さい。

  6. イマムラ より:

    今年の秋にギブソンのL-00とJ-45をリペアしていただく予定となっています今村です。
    心よりお見舞い申し上げます。
    両方のギターとも急いでリペアを必要としている訳ではありませんのでゆっくり静養されてください。
    以前のように動かないことにストレスを感じられることもあるかもしれません。
    ギターをはじめられた頃のように、うまく動かせないことに楽しみを見出せるようなゆとりあるリハビリをされ復帰されることを心より願っております。

  7. ひまわり より:

    お怪我なさったと知りました。
    どんなに大変だったでしょう・・・!!
    どうぞ養生なさって、どうぞお大事になさってください。

    人間の人生は、修行だといいます。
    試練は、その人が乗り越えられるだけの力を持っているから起きるといいます。

    odysseyさんは1人じゃないです。
    愛するご家族と、odysseyさんを大好きな人達が、いっぱいいます。

    最強の奥様が、いつもodysseyさんのそばに一緒に居てくださいます。

    皆がパワーを送ります。
    音楽の神様もパワーをくださるはずです。

    今は何よりも自分を一番に・・・自分を一番に大事にしてあげてください。

  8. ヤート より:

    Odysseyさん・・・

    「お大事になさって下さい」と本当に月並みな言葉しか発せられず、
    何もできない事がはがゆい気持ちです・・・

    皆様のコメントにありますとおり、これからリハビリはもちろんですが、
    どうぞじっくりと、静養をなさってくださいね。

    1年後でも2年後でも・・・「本日のトリはOdysseyさんです!」と
    アナウンスできる日が来る事を、
    NITEのみんな心より信じてお待ちしております。
    (永久欠番ですから・・・・)

  9. M’s マスター より:

    樋口英之様

    昨日の電話とてもショックでした!お電話の声は普通のオデッセイさんで、何事も無かったように冷静に淡々と状況を話されるのが聞いてて余計に辛かったです。
    そんなお話の中、お返しする言葉がなかなか見つからず・・・・!
    ついつい、自分の過去の経験をお話してしまいました。
    「人生ゲームの1回休み」という言葉の重みが私にも良く分かります。
      私も1回休みました!
    辛いことは沢山ありましたが、今になれば「一回休みがあったから、あの時の辛さから、今の楽しさがあるのだ」と思えます。

    ベッドでのオデッセイさんを拝見すると、今は指の痛さと、負傷した事への自分の不甲斐なさに耐えておられることと思います。痛みは暫くすれば消えていきます!身体は今までと同じ状態ではありませんが・・・!

    きっと、それを乗り越えて、今まで以上の「匠のリペアマン」そして「癒しのギターリスト」オデッセイさんになられると信じています。
    ゆっくり、ゆっくり静養して下さい。
    皆さんのパワーがオデッセイに・・・!
    音楽の不思議なパワーがオデッセイさんに・・・!
    ご家族の愛がオデッセイさんに・・・!

    『音楽は楽しさを十倍に・・・!苦しさ辛さを10分の1にする力を秘めています』

    どうぞお大事になさってください。

    退院される日を首を長くして待っています!
    再会する日を楽しみにしています。

  10. 堀江(兄) より:

    兄弟でお世話になりました、堀江(兄)です。

    「指先を切断」の記事を拝見し、驚きを隠せません。

    ご家族のご心配も大変なものと存じます。

    ゆっくり静養され、また匠の技でギターたちに新しい命を吹き込んでください。

  11. 増永(埼玉) より:

    樋口英之様

    とても驚きました。これからのリハビリや痛みは、乗り越えていかれるのは
    大変と思われますが、ゆっくりと静養され、お大事になさって下さい。
    匠の技は必ず復活される事と思います。私のギターのリペアは急ぎませんので、今は心身ともにゆっくりお休み下さい。

                               埼玉より 増永

  12. 千葉のO.S. より:

    衝撃でした・・・・
    ごゆっくり養生されてください。
    くれぐれもお大事に。

  13. 顎骨移植男 より:

    その節は入院前にいろいろとお世話になりました。
    衝撃で言葉を失いましたが、樋口さんのコメントを見て
    強い精神力だと感じ、前向きな姿勢には脱帽です。
    きっと、体を休みなさい・・・と言ってるんでしょうね。
    私もまだまだ時間がかかりそうですが、焦らずにいようと思っています。
    どうぞごゆっくりされ、お大事になさってください。

  14. 斉藤 より:

    樋口様へ
    自分も長いリハビリの経験があります。
    リハビリは焦らずやる事です
    そして絶対に良くなると信じる事です。
    弱気になった自分に負けないことが
    一番、やっかいな事ですよ。頑張って下さい。
    今は自分に休養です。

  15. 林信幸 より:

    樋口英之様
    今朝HPを拝見し驚きメールさせて頂きます。
    気の利いた言葉も書けませんが、
    良い経過をお聞き出来る事を信じております。

    私も若い時に突然の腎臓疾患で3週間入院し途方に暮れた事がありましたが、
    逆に気持ちをリセットし、その後の私の人生観に大いに影響を与えた大切な時になりました。
    病気や怪我をすると、普段当たり前に過ごしている自分の体に感謝と有難味を感じるものですネ!

  16. 永友 より:

    樋口様

    HPを、拝見しびっくりしてます。
    リペアの予約して10ヶ月ですが、毎日のようにマスター日記を、楽しみにしてました、
    ゆっくり療養されて下さい。
    そして、また、元気にもどって復帰されることを、心よりお待ちしております。

  17. AKAGI より:

    いつも毎日欠かさずこのブログ拝見していましたが、過密スケジュールで
    土曜日から覗けない間に、樋口さんにこんな災難が起こっていようとは
    夢にも思いませんでした。僕も危険な仕事柄、常々注意しています。
    特に弦を押さえる左手だけは。その左手を大怪我されたとは、我が事の様に
    重くのしかかりました。とにもかくにも、完治されることを祈らずには
    いられません。どうか大事にされてお仕事に、ステージに復帰できる日を
    心待ちにしています。樋口さんに直して頂いたギター、ロッド折ってしまったのでお願いしますよ!

  18. 先月YAMAHA L-8 のリペアをしていただいたI・Fです。

    毎日HPは拝見しているので、私も「更新してないなぁ~」と思って日記を拝見し、大変驚いています。百戦錬磨の樋口さんでも、こういうことがあるんですね。そしてとても危険な仕事に日々従事されているんだということもよくわかりました。お大事になさってください。そしてまた元気に仕事場に戻られることを心よりお祈り申し上げます。

    樋口さんにリペアしていただいたおかげで、ボクのギターが生き返りました。樋口さんにリペアしてもらえるなら、みなさん待ってくださると思いますよ。ゆっくり療養してくださいね。

  19. Kayo より:

    仕事中に「樋口さんが左手の指を切断したらしい」というメールが届いて
    てっきり指先をなくされたのだとパニクりましたが、
    ブログを見て安心しました。
    まだまだ大変なことは多いでしょうが
    ゆっくり体を休めて下さいね。

  20. Y(from高知) より:

    樋口様
    2010年初旬~春頃に予約させていただいてます。リペア・ファイルとブログは、たまに拝見していた折、このたびの事を知り、大変驚きました。今は一日も早い回復と仕事、ギター演奏に復帰できます事を優先に、あせらず静養して下さいね。

  21. くま より:

    え~!今拝見して、びっくりいたしました。

    お仕事柄、指先は常に、危険な状況なのですね。

    ギタリストとしては、お気持ち的に辛いものがあるでしょうが、
    樋口さんならきっと、乗り越えて、またすばらしい音色を奏でることと
    信じております。

    ゆっくり、時間をかけて、あせらずに、リハビリしていただけたらと思います。
    時間は、まだまだ、たっぷりあるのですから。

    ずっと、走り続けてきたからこそ、神様が、いっぺんここらで、一回休みと
    言ってくれてるのでしょう。

    ゆっくりと療養されてください。そして、また、元気なお顔を見せてくださいね。

  22. うめぞー より:

    以前リペア№110 Martin D-35でお世話になりました。
    私の父71歳(建築大工)も2年ほど前に左手中指・薬指を電動カンナで材木と一諸にカンナ掛けして切断したことを思い出しました。
    職人にとって指は命の次に大事なものです手術成功して良かったですね。
    月並みですが、またギターを弾けるようになるまでリハビリ大変でしょうがガンバってください。

  23. emily より:

    樋口様さま

    びっくりしてます。今朝、M木さんに聞きました!
    現場を想像すると卒倒しそうです。
    でも、ご本人が一番卒倒しそうだったんでしょうね。
    しかしながら冷静な判断で中指ちゃんを拾い上げ氷でひやし
    救急車を呼んでいたんだろうなと感心もしています。
    長時間の手術も成功で何よりでした。
    どうぞ、体をゆっくりと休め気長にリハビリをなさってください。
    人生、まだまだこれからです~
    お大事に・・・

  24. horanai より:

    指切断!!

    大丈夫ですか?

    ゆっくり静養して治して下さいね。

    本当に、お大事にしてください。

    自分はギターリペアーなんて後回しで全然問題ありませんので

  25. Water Stone より:

    樋口さん!いったいどうしたの~。ビックリしましたが、手術も上手くいったみたいでなによりです。急がずにゆっくり直してください。指のリペアという事は、前より運指が素早くスムースになったりして・・・。んなわきゃ無いよね~。(冗談)奥様も大変でしたね。一日も早い完全復活を祈念しております。

  26. H.K より:

     『昨日オデッセイさんの工房マスターが更新されていなかったよ』って
    妹に話していましたが、まさかこんな事故が起きていたとは・・・
     その時は、妹に連絡をしてヤートさんにメールで状況を確認するしか出来ませんでした。

     オデッセイさんのライブを拝見するようになって2年が過ぎましたが、
    いつも感動をいただいてきました。(病気が原因で指が痛く、いつかギターも弾けなくなるかな~と思っていた頃でした。)

     オデッセイさんのおかげで、『少しづつでも練習しよう!』と気持ちを切り替えることができました。

     私たちがオデッセイさんの演奏を聴いて感動するのは、テクニックだけではなく演奏にどれだけ思いが込められているかだと教えていただいたように思います。

     ヤートさんもおっしゃていましたが、私たちは最後の締めにオデッセイさんの演奏を待っています。ただし、あせらずゆっくりお願いします。

  27. まつお より:

    昨日、怪我のことを知り
    ただただ驚いています・・・。

    皆さんのコメントにもあるとうり
    僕もオデッセイさんの仕事や演奏を気長に待ってます!
    これからが大変でしょうが
    まずは怪我の治療を!

    月並みなことしか言えませんが
    お大事にしてください。

  28. H.K より:

    以前S-106でお世話になりました。
    指の切断と聞きびっくりいたしました。

    コメントを読みお考えが前向きであることに安堵しております。
    お仕事もあり大変なこともありますでしょうが
    1日でも早く回復しますように心より願っております。

    どうぞご自愛くださいませ。

    リペアーNo109

  29. (▼д▼)/=馬主さん より:

    昨夜も
    結婚記念日で
    1人で
    S-Yairi(ボウフォーク酒場)を弾いてました。
    3ヶ月弾いてると
    最高のパフォーマンスが出るようになりました。
    えっ!!!

    苦しい時も
    人生には沢山有りますが
    1番大事な指なので
    言葉が有りません!!

    お大事に

    奥さん宜しく願います。

  30. 岐阜の和尚 より:

    樋口様

    おはようございます!!

    大変な事故に会われたんですね。さぞかし、痛いだろうし、辛いだろうし、、、お察しします。
    お互い『ひとり親方』は辛いですよね。代わりがいないですもんね。

    時間はかかるでしょうが、しっかりと治してください。祈っております。

              合掌

  31. イノウエタカシ より:

    いつもお世話様です
    TIG(ティーアイジー)の井上貴です

    奥様よりメールいただきまして、びっくりしたとともに
    なんともいえない衝撃を受けた次第です。

    月並みなことしか いえませんが
    ほんとに焦らずに・・。
    復活の日 が来ることを信じてます。

  32. odyssey より:

    皆さん、とても暖かいコメントをいただき、本当にありがとうございました。
    6月5日(金)に無事退院・帰宅しました。

    病院のベッドでは皆さんからのコメント(プリントアウト)を読むことが私の日課であり、心の支えでもありました。
    本当にありがとうございました。

    Jodaiさん>

    突然のお電話での連絡を差し上げ、申し訳ございませんでした。
    Jodaiさんが工房にお越しになる前に連絡がとれて良かったです。
    別途、ご来宅の日程調整を差し上げますので、その際はよろしくお願いします。

    四葉野玄馬さん>

    早々の激励コメントをいただき、ありがとうございました。
    携帯電話からのメール送信で、BLOG投稿ができると思っていたのですが(はずだったのですが)、何らかの不具合でそれも叶わず、お見苦しい記事にて大変失礼いたしました。
    おっしゃるように不注意はたまった疲労が原因であるケースが多いようですね。
    そしてそれ以上に何か私たちに送っているサインのような気がしてなりません。

    Kado_msさん>

    入院直後、病室で突然事故の様子がフラッシュバックしてくることが度々ありました。
    そして「もし・・・が・・・していたら」と更に悪いケースを想像する時もしばしばありますた。
    (全指切断、あるいは失明、さらに最悪の場合は死亡という可能性も考えられました。)
    Kado_msさんがおっしゃるように大事に至らず、本当に良かったと思っています。
    今回の件を大きな教訓として、万全の安全対策を講じることにしました。
    これも何かのサインなのかと思っています。

    沖縄のたまさん>

    とても温かいメッセージをいただき、本当にありがとうございます。
    沖縄はもう梅雨でしょうか?
    今回の事故の件は沖縄に嫁いだ娘にもショックだったようで、事故後妻からの連絡に「今からすぐに神戸に帰るから・・」と言っていたそうです。(勿論「その必要はないよ・・」と言って納得するに至りました。)
    心の「かさぶた」はなかなか消えるのに時間がかかると思いますが、ゆっくりと治していきたいと思っています。

    R.O.さん>

    オリジナルギターは今、サイドとバックがほぼ出来上がり、これから両者を接着した後、いよいよ要のトップ板にとりかかる予定です。(予定は未定ですが・・・(笑))。
    今の私の夢はそのギターを弾くことです。
    音を楽しみながらリハビリをしたいと思います。

    イマムラさん>

    温かいお見舞いメッセージをいただき、ありがとうございます。
    お約束の時期にご連絡させていただけるよう、ゆっくりペースを上げていきたいと思っています。
    ご迷惑、ご心配をおかけして申し訳ございません。
    リペア時期が参りましたら、ご連絡を差し上げますので、お待ちいただけますようお願いいたします。

    ひまわりさん>

    これまでも「一人じゃない」と理屈ではわかっていたつもりなのですが、今回の件で、ひまわりさんを含めて私を支えて下さる皆さんの温かい気持ちを、改めて知ることができました。
    「そういう環境にいることを絶対に忘れずに、一人おごるなよ!」というサインだったのかもしれないと思っています。

    ヤートさん>

    次回のアコースティック・ライブ@M’sKitchenの出演を急遽キャンセルさせていただくことになり、本当に申し訳ありません。
    今回、大ケガをしたにもかかわらず、私の病気(ライブに出たい病)は治りませんでした。
    おっしゃるように次回ライブに出られるようになるのは、数年後になるかと思います。
    (現実の左手と、私の病気のはざまでストレス過多になることも予想されますので、ゆっくりリハビリしていきたいと思っています。)
    そのうち、「O.A.(前座)でいいから出させてくれませんか?」となるかもしれませんが、どうぞ見放さず、よろしくお願いします。

    M’sマスターさん>

    マスターに背中を押されて開いたM’sKitchenでのワンマンライブ。・・・
    今、振り返ってみると、そういう人生ゲームの流れだったのかと思います。
    あの時、あの下手な演奏でも、ライブをさせていただいて本当に良かったと思っています。
    これからゲームの展開がどうなっていくのか、ワクワクしています。
    今回の一回休みで、充分休んだので、しばらくは「一回休み」に当たらないようにしたいなぁ~(笑)

    堀江さん>

    大変ご無沙汰しております。お変わりございませんでしょうか?
    当初、今回の件を日記(BLOG)に掲載すべきかどうか、悩みました(手術中に・・です)。
    そして、リペア中、及び、リペア待ちのお客様への告知の手段としてこの方法しか思い浮かびませんでした。
    それが結果として、このような温かいメッセージの山となり、自分が客観的にどのように評価されているのかを知る機会となりました。(本当はコメントが全く入らなかったらどうしようと思っていました。)
    これからも決しておごることなく、愚直にリペアを行っていきたいと改めて思う次第です。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    増永さん>

    温かいお見舞いメッセージをありがとうございました。
    できる限り予定のリペア時期を守れるようにと思っております。
    今回のケガで失ったものは、左手第一関節ですが、得たもの、気づかされたことは、はるかに多くありました。

    千葉のO.S.さん>

    衝撃の日記を掲載することになり、本当に申し訳ありません。
    皆さんの温かいパワーで、指がどんどんくっついていきます。
    あとは心のキズをギターとともにゆっくりと治そうと思っています。

    顎骨移植男さん>

    大変ご無沙汰しております。その後の経過はいかがでしょうか?
    今回病室のベッドでエアギター、イメージング方法は、指のトレーニングには良いと思いました。
    一度試されることをお勧めいたします。(あまり、人に見られない方がいいかも・・・(笑))
    顎骨移植男さんもくれぐれもお大事になさって下さい。

    斉藤さん>

    私には若干、短気なところがあります。
    その自分にどう向き合うか、がこれからの課題かと思っています。
    きっと「こうなっている自分」をイメージし続けることが最良の方法として実践していこうと思っています。

    林信幸さん>

    仰るとおり、体のただ一カ所だけが機能しないだけで、健康の有り難さを感じます。
    「当たり前」への感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思います。

    永友さん>

    温かいメッセージをありがとうございます。
    ゆっくりですが、必ず復帰しますので、その時はどうぞよろしくお願いいたします。
    またリペア時期が参りましたら、ご連絡差し上げますので、お待ちいただけますよう、お願いいたします。

    AKAGIさん>

    指先は無事つながりましたが、第一関節の軟骨(というか関節自体)がフッ飛んでいたので元通りの完治は望めない状況です。
    でも、これをリカバーすべく何らかの方法を考えたいと思っています。
    いつかステージでご一緒できる時は、素晴らしい歌声を聞かせて下さい。

    大阪のI.F.さん>

    I.F.さんのギターが元気にしていることをお聞きして、私も元気になれそうです(笑)。
    そして、私も、I,F,さんのギターのように現役復帰しますね。
    ありがとうございました。

    Kayoさん>

    妻が、切断された指先の初期処理を適切にしてくれたおかげで、再びくっついて良かったです。
    ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

    Y(from高知)さん>

    仕事への復帰は比較的早いと思いますが、ライブ主演には年単位でのリハビリと奏法開発が必要となってきそうです。
    いつかは完全復帰をしたいとしたいと思っていますので、これからもご支援のほど、よろしくお願いいたします。

    くまさん>

    ギターを最初に手にしたとき、左手の指をのぞき込むようにして練習をしたと思います。そして1コード、1コード弾けるようになったときの楽しさも思い出してしまいます。
    今回は教則本にない独自の練習になるのが少し楽しみです、
    またいつかステージでご一緒できることを楽しみにしています。

    うめぞ~さん>

    温かい応援メッセージをありがとうございました。
    たぶん教科書には載っていないリハビリになると思いますが(笑)、楽しみながらやっていきたいと思います。

    emilyさん>

    今でも現場を思い出すと卒倒しそうです(笑)。
    いくつかの幸運が重なって「中指ちゃん」が戻ってきました。
    切断した直後はただの「肉のかたまり」だったのが、今では血の通っている私の体の一部になっています。
    医学のすごさ、手術を執刀された先生の技術のすごさ、そして生命のすごさをこの歳にして改めて知った次第です。

    horanaiさん>

    ご丁寧なお電話まで頂戴し、ありがとうございました。
    horanaiさんのギターリペア時期が遅れますことを重ねてお詫び申し上げます。

    WaterStoneさん>

    大変ご無沙汰しております。
    とても力づけられる激励メッセージをいただき、ありがとございました。
    指のリペアでギターがうまくなったら・・・そういう発想はさすがにWaterStoneさんですね。

    H.K.さん>

    びっくりさせてしまって本当に申し訳ございません。(私の妻もびっくりしていました)
    私の演奏をそういうありがたい思いで聴いていただけること、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。
    本人はただただミスタッチの無いようにと必死なのに、よくとちってしまいますが・・・(笑)。
    これに懲りず、これからも応援のほど、よろしくお願いいたします。

    まつおさん>

    ご心配いただき、本当に申し訳ございません。
    ギター演奏に壁が見えたら、まつおさんの奏法を是非参考にさせていただきたいと思っています。
    ご教授いただくことになるかもしれませんが、その際はどうぞよろしくお願いいたします。

    H.K.さん>

    皆さんの温かい応援、激励メッセージのおかげで、とても気持ちが前向きになっております。
    ゆっくり、着実に、復活していきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    馬主さん>

    リペア後のS.Yairiが活躍していることをお聞きして嬉しい限りです。
    ありがとうございました。

    岐阜の和尚さん>

    大変ご無沙汰しております。
    とても温かいお言葉をいただき、ありがとうございます。
    「ひとり親方」・・・おっしゃるとおり、本当にそうですね。
    今回のケガを大きな教訓にしていきたいと思います。

    井上貴さん>

    温かいコメントメッセージとともに、妻へのメールもいただき、ありがとうございました。
    井上さんとは直接お会いしたことは無いのですが、日頃よりとてもご丁寧なご対応をいただき感謝しております。
    これからもお世話になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://blog.guitar-craft.com/archives/200905234044/trackback