*

もうすぐ3年!

徒然日記

もうすぐあの日から3年が経とうとしています。

私が住む神戸も大震災に襲われた後、復興復旧に大変な時間がかかりました。今、東北の人たちはそのような状況の中で暮らしているんだと思います。

今日、映画「家路」を観てきました。福島の原発事故によって帰宅が困難になった家族の物語です。

自分が暮らしていた故郷、町並み、人々、空気などへの思いは想像を絶するものがあると思います。立て直すだけではなく、目に見えない汚染のためにかつての生活に戻ることが出来ない、そんな現実を改めて突きつけられました。

人々がいなくなり、街の活動が停止した状態というのは、異様な状況でした。そして今でもそれが続いているのが現実なんだと強く感じました。

3年前、私もZERO-ONEプロジェクトに参画させていただき、宮城県で思材(瓦礫)の収集を行いましたが、あの場面の不思議な「静けさ」を忘れることが出来ません。そしてプロジェクトの皆さんの「私たちのことを忘れないでください」という言葉が蘇ってきました。

私たちはあの出来事を絶対に忘れないようにしましょう。そして次に来るであろう災いが最小限の被害ですむように備えましょう。この国に次の福島第一原発周辺の街が絶対出てこないように・・・。

 

 

コメントはこちら

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://blog.guitar-craft.com/archives/2014030820029/trackback