*

Xブレイシング

ギター製作

ギターの強度、音響特性を最も左右するパーツ、Xブレイシングです。

トップ板接着面にアールを付けた後、慎重に切れ目を入れて組んでみたところ、適度なタイトさでした。

 → 

トップ板での位置決めを行って、Go-Barクランプで接着しました。

バックボードのブレイシングもシェイピングを続けています。

集中して黙々と作業を行っていると、ふと我に返ることがあります。「何も考えず、ただ感性に導かれるままに」という言葉がぴったりな状態です :)

 

 

コメントはこちら

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://blog.guitar-craft.com/archives/2012081014311/trackback