*

ライブな週末・・・ありがとうございました!

ギター演奏

先週金曜日のチャリティコンサート@大阪厚生年金会館(上条恒彦さん、野田淳子さん)、土曜日のNITEライブアコースティックライブ「おかえりなさい、ひろみつさん!」・・・そして昨日、東加古川のレストランWest Catでのアコースティック・ライブに参加してきました。
昨日のライブは事前の情報収集を怠っていたので、ぶっつけ本番となりました(汗)。

会場に到着して、まず驚いたこと・・・それは参加されるメンバーの若さでした。私たち夫婦、そしてライブに駆けつけてくださったNITEライブのヤートさん、ハギちゃん、TOHRUさんの除くと(皆さん、ごめんなさい!)平均年齢は軽く20代前半、ひょっとすると10代後半かもしれません。

そんな若い皆さんに負けじと、中年パワーでなんとかステージを終えることが出来ました。
皆さんが私の拙い演奏とMCに耳を傾けてくれていたので、とても嬉しく思うと同時に、若い人のアコースティック層の厚さも強く感じました。なにより若いパワーをたくさんもらって、おいちゃんはとても元気になりました(笑)
e-015.jpg
WestCatのマスター、ライブに誘って頂いて本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

今日からリペア・モード全開です!イエィッ!!!

追記(2008/9/11):
9/6のNITEアコースティックライブ「おかえりなさい、ひろみつさん!」の様子はこちらのページでご覧いただけます。ヤートさん、ページ更新ご苦労様でした。これからもよろしくお願いします。また、WestCatでの写真も送って頂き、ありがとうございました。早速この記事に貼らせて頂きました。

コメントをいただき、ありがとうございます!

« »

“ライブな週末・・・ありがとうございました!” への2件のフィードバック

  1. ヤート より:

    「戦争と平和」というシビアなメッセージも含んでのステージでしたね、
    沖縄の悲しい過去・・・殆どの若者が知らなかったと言う事実・・・

    実際にお店にいた若者達は・・・個々の尺度は違えど、
    今日知った!今日聞いた!を彼らが体験できたのは、
    すごく意義のあることのように思います。

    いつか・・・そのようなテーマで企画したステージ等で、
    私達もお手伝いできたら良いなと、車中で話しながら帰りました。

    そんな中で聞いた「星砂」と「戦メリ」・・・じ~んとしました。

  2. odyssey より:

    ヤートさん、コメントをいただき、ありがとうございます。

    本当はライブ会場に着いて、その若さにビックリしていたんです。それで、「今日のMC、どないしょ」と思って、シナリオの決まらないままステージに上がったんです。

    そしてステージから見た若い皆さんのまなざしを見ていると、どうしても「これを伝えたい」という衝動に駆られました。

    でも、よく考えると、アコースティックライブで急に「戦争や、平和や」といわれてもよくわからないですよね(汗)。
    聴かれる方々の立場に立って、MCのシナリオを作るべし、との反省を得たライブでした。

    私自身、戦争は経験していませんし、この歳になるまであまり興味も持たず、たまたま娘が沖縄に嫁いだことで、戦争の悲惨さを知った次第です。
    でも、実際に沖縄だけでなく、現在も世界の多くの場所で、そういう惨劇が行われているかと思うと、いてもたってもいられないような気持ちになると同時に、この歳までこの平和な世の中が当たり前に見えていた自分自身が恥ずかしく思えます。
    音楽を奏でられることの平和への感謝、戦争の犠牲は誰が負うのか、進化していない人間の闘争心など、これまで私はライブでそういうことを口にすることはタブーだと信じていました。でも、先日のチャリティ・コンサート@大阪厚生年金会館(上条恒彦さん、野田淳子さん)を見に行って、そうじゃない、と確信しました。「想いは伝えられる」「伝えなければいけない」ということをお二人のコンサートから学べました。

    これからもライブに限らず、人と接する時(特に若い世代)には機会あるごとに、今の平和な時代への感謝の気持ちと、悲惨な戦争の醜さを伝えていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://blog.guitar-craft.com/archives/200809082712/trackback