*

ターナー展

徒然日記

神戸市立博物館で開催されているターナー展に行ってきました。

ターナーは18世紀後半から19世紀前半にかけて活躍したイギリスの画家で、油絵で描かれた風景画が有名です。今回の展覧会では下書きとなったスケッチ(水彩画)や彼の使用していたパレットや油絵の具ケースなども展示されていました。

2014031301

今回は初めて音声案内オプションを聞きながら全作品を見て回りました。作品が製作された社会的な背景や、ターナーの人柄や生き方なども垣間見ることが出来て、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

ターナー展-1

今回の観覧チケットはKiss FM KOBEのプレゼント応募に当選していただいたものです。サウンドクルー、スタッフの皆さん、素晴らしい想い出をいただき、本当にありがとうございました :-P

 

 

コメントはこちら

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://blog.guitar-craft.com/archives/2014031319744/trackback