*

コメットさん

徒然日記

私が小さかった頃、白黒テレビで「コメットさん」という番組がありました。どんなストーリーかも良く覚えていないのですが、なんとなく女性のヒーロー物語だったような気がします。

ここ数日、ニュースで報道されているアイソン彗星(アイソン・コメット)はどうなったのかなぁと、とても気になっています。

天文学、考古学、量子力学など、「ロマンをかき立てる」・・・というか「興味を引く」学問は人間の永遠の「夢」として私は大好きです。

真実を知ろうとする学問に全てをかける学者の方々を心から尊敬します。でも一方で真実にギリギリまで近づいて最後の扉は開かないでいて欲しい、という思いもあります。それは「ロマンを残して欲しい」という気持ちの表れかもしれません。

今回のアイソン彗星が消滅したのか、それとも依然として小さくなった彗星のかけらが太陽の周囲を回りを回り続けるのか・・・そしてその行く末を計算し作れない人間の能力の限界など、小さい人類は小さいなりに「おごらず、謙虚であるべき」と強く思います。

地球の外で起こっていることを「小さな人間」」は不思議に思いながら、今や狭くなった地球で「陣取り合戦」を行っています。その「合戦」の行く末がどうなるか、どんな結果をもたらすか・・・これまでの経験を知っていながら、また同じ事を繰り返そうとしています。一番苦しみ、不幸になるのは一般市民であり、陣取り合戦などをまったく望んでいない私たちなのに・・・。

もう少し「譲歩」出来ないんですか?「人間は小さい」「地球も小さい」・・・それがわからないんですか?

 

最近、そう感じるのは私だけでしょうか?

 

 

 

コメントはこちら

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://blog.guitar-craft.com/archives/2013113018818/trackback