*

工房部屋の片隅で

徒然日記

私はアコースティックギターのBGMを小さな音量で聴きながらギターリペアを行っています。
音は空気の振動、そしてアコースティックギターはその振動を発する楽器です。
という理屈は別にして、私はギターにはいい音を聴かしてあげると、いい音になる、と信じています。
tn_dsc00895.JPG
先日アコースティック・ギター専用といわれる小型スピーカーを入手しました(それまではコンポ付属のスピーカーを使っていました)。
写真のように工房部屋の片隅でいい音を鳴らしてくれています。

コメントをいただき、ありがとうございます!

« »

“工房部屋の片隅で” への4件のフィードバック

  1. O.H. より:

    こんにちは。先日J-45OO-18のリペアで大変お世話になりました。

    >アコースティック・ギター専用小型スピーカー

    私もギターにいい音を聴かせればいい音になる、に全く同感です。
    デザインも素敵ですね。 どこのメーカーのスピーカーかご紹介頂いても
    よろしいでしょうか?  関心大です。

  2. odyssey より:

    O.H.さん、先日のとても暖かいコメントに引き続き、BLOGへのコメントを頂き、ありがとうございました。

    このスピーカーはONKYOのD-TK10という製品です。ギターに限らずアコースティックサウンドをいい音で表現してくれます。
    特に中高音域の伸びが素晴らしく、爪で弦をはじく直前の空気などが伝わってきます。

    毎日このスピーカーから流れてくるBGMに乗ってリペアを行っています。リペアされるギター達も喜んでいるのではないかと思っています(笑)。

  3. O.H. より:

    早速のご紹介誠にありがとうございます。

    アコースティックサウンドのエアー感を出すのはなかなか難しいので
    次にスピーカーを購入する際の有力な候補となりそうです。

  4. odyssey より:

    O.H.さん、早速のコメントを頂きありがとうございました。
    アコースティックな音が「得意」なスピーカーを見つけられましたら是非ご一報ください。
    よろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://blog.guitar-craft.com/archives/200804092034/trackback