*

ライブは心のカンフル剤

ギター演奏

昨晩、神戸三宮のライブバー「かくれんぼ」で開催されました、今年初のNITE主催ライブに参加させて頂きました。
思い起こせば昨年の4月(だったと思うのですが)、初めて参加させて頂いたアコースティック同好会NITEのライブ・・・参加されるメンバーも何十年も一緒にやっているような、そんな錯覚に陥るようようでした。
tn_dsc01382.JPG tn_dsc01373.JPG
昨日は夕方から雨がしとしと降り始め、足下が良くない状況でしたが、ライブハウスは満員お礼状態でした。お越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

とても嬉しかったのはNITEメンバーの「ひろみつ」さんが、私に捧げる曲としてオリジナルのArtizan(アルチザン:職人という意味だそうです)という曲を弾いてくださったことです。とても素敵なメロディーラインで、自分も弾いてみたい、と思いました。

そして高校時代のギター友達M.Y.君がご夫婦で来てくれたこと(・・・先日の日記で紹介しましたが、彼とは30数年ぶりに再会したところです)。高校時代に映画館に見に行った「バングラデシュ救済コンサート」のDVDを貸してくれました。昨日のライブの余韻もさめやらないまま、朝ご飯を食べながら見ましたが、何故か涙があふれてきて止まりませんでした(それを見て家内ももらい泣き(笑))。早速、Amazonに同DVDを注文しました。
tn_dsc01383.JPG

私にとってライブは、心をリフレッシュするカンフル剤のようです(笑)

ライブの様子はこちらからご覧いただけます。

コメントはこちら

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://blog.guitar-craft.com/archives/200802031751/trackback