*

初夢

徒然日記

今日は家内の実家に行って宴会でした。昔、ちょろちょろと走り回っていた親戚の小さな子供達が中学生、高校生になって立派な体型になっているのを見ると、果たして町中でこの子供達にあった時、見つけることができるのかな?と思いました。その子供達にとっては私たちおじさん、おばさんの顔は昔も今も変わらないと思うんですが・・・。

ところで、初夢は・・・というと、いろいろな夢を見た記憶があるのですが、確かに見たのは自作ギターが目の前にあったのを覚えています。10年計画をそろそろ起動しても良いのかな?という気持ちです。最初から完璧なものを求めることは無理だとわかっているのですが、どうせやるなら良いものを、と思ってしまいます。

リペア工程の隙間を見ながら、少しずつ始めてみようかな(笑)。

コメントをいただき、ありがとうございます!

« »

“初夢” への3件のフィードバック

  1. 西川 静一 より:

    工房マスター,
    昨年12月,ほんとうにお世話になり,ありがとうございました。
    今年もよろしくお願いいたします。
    すばらしい初夢で,新年のスタートを切られたようですね。
    私も思っていました。マスター,そろそろ始めてはどうですか,と。
    10年計画の何年かはもう過ぎたとすれば,自作ギター構想は次の段階へ進むのが必然かとも思います。と,無責任なことを申し上げて恐縮です。どうか期待をこめた一ファンの声援として受け止めてください。ただし、無理をせず,納得しながら少しずつがいいのでしょうね。そこが,堂々たるおじさんの生きる道。私もマスターの生き方を励みにさせていただいて,何か始めてみようかと思っています。
    S.N.

  2. RyuRyu より:

    はじめまして。
    いつも感心しながら拝見させて頂いています。
    西川さんがおっしゃるとおり、自作ギターを作ってみるべきだと思います。
    リペアで得た知識と技術を活かして、まず1本作ってみれば、又、新たな発見があるのではないでしょうか?そして、2・3・・・本と御自身の追求される完成度の高いギターが出来ると思います。
    頑張ってください。陰ながら応援しています。
    R.O

  3. odyssey より:

    S.N.さん、RyuRyuさん、明けましておめでとうございます。早速のコメントをいただき、ありがとうございました。

    S.N.さん>
    全然「無責任」なことはないですよ!ギター製作は私の一生の夢なんです!今はひたすら知識習得フェーズですが、年とともに実現へステップしていきます。
    私の自作ギター一号機が完成した暁には、是非試奏しに来てくださいね!

    RyuuRyuuさん>
    おっしゃるとおり、リペアをしていると、「良い音への壺」というのがわかってきたような気がします。
    「このギターは、ひいじいちゃんが作ってんでぇ」と言えるような、孫子の世代まで自慢されるようなギターを作ります!

    とても力づけられ、勇気づけられるメッセージをありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://blog.guitar-craft.com/archives/200801031590/trackback