*

もうすぐ2ヶ月

徒然日記

10月に生まれた孫がもうすぐ生後2ヶ月になります。近くに孫がいると言うことは爺ちゃん・婆ちゃんにとってとても幸せなことで、会う度にその成長のすごさに感心してしまいます。
やっぱり「命」ってすごいなぁ、「生きる」って素晴らしいことだなぁ、と再認識してしまいます。
20081207.jpg
時々ギターのリペアをしながら、私は自分の爺ちゃんのことを考えます。どんな頭領(宮大工)だったんだろうな、怖かったんかな、きっと厳しい人だったんだろうな、とか思います。
あと何十年か経って、自分の孫が大切な仕事を見つけた時、私と同じように「どんなリペアマンだったろう」と考えてくれたらいいな、と・・・孫をだっこしながら思っています。
「命のバトンタッチ」の一員でいれることに感謝する今日この頃です(笑)。

コメントをいただき、ありがとうございます!

« »

“もうすぐ2ヶ月” への4件のフィードバック

  1. 千葉のO.S. より:

    いやーかわいいお孫さんですねえ!
    “おじいちゃん”の嬉しそうなお顔がまたいい。

    将来、リペアマンになってほしいですか。
    5、6歳になったらギターを教えますか。そうすれば10代でプロミュージシャンも夢ではありません。

  2. odyssey より:

    O.S.さん、コメントをいただきありがとうございました。
    その後、青葉ガットギターの調子はいかがでしょうか?

    孫の顔を見ていると癒されます・・・知らない間に笑顔になってしまいます。本当にありがたいことだと感謝しております。

    孫の将来、どういう世界になっているのでしょうね(笑)。
    いろいろなことを経験して自分のやりたい道を選んでくれれば良いと思っています。私も含めて周りの大人達は「こんなこともあるんだよ」という、身をもって例を示す存在であれば良いのではないかと思います。(私の子供の進路を決める時もそういう姿勢で接しました)

    いずれにしましても、私の姿を見ている孫は、少なからずもギターに関わる興味を持つのではないでしょうか(笑)。

    成長が楽しみなのと同時におじいさん、おばあさん(私たち夫婦)の健康維持に注意を払わないと行けないなぁ、と感じています(笑)。

  3. 千葉のO.S. より:

    そうですね、色々経験するうちに何かに興味をもち、才能が萌芽するのでしょう。
    お孫さんの10年後、20年後が楽しみですね。

    「青葉」は、おかげさまでいつも重低音を聴かせてくれます。
    知り合いのミュージシャンも、ぜひ一度弾かせてほしいと言っています。

  4. odyssey より:

    O.S.さん、早速のコメントをいただき、ありがとうございました。

    「青葉」が元気とのことお聞きして安心致しました。
    完全に復活しているようですね(笑)。

    O.S.さんのおっしゃるとおり、孫の成長と将来がとても楽しみです。未来を自分で切り開いて行くような、たくましく優しい男になってほしいと願うばかりです(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://blog.guitar-craft.com/archives/200812073183/trackback