*

温泉訪問

新しい温泉随縁(ZUIEN)

温泉訪問

私の地元、神戸市西区に新しい温泉が出来たと、去年知ったのですが、なかなか忙しくていけないまま年を越しました。

先週末、遂に行ってきました!随縁(ZUIEN)

以前(かなり昔ですが)、訪れたことのあるゴルフ場の敷地内ある建物です。

TS2B0026.jpg

入浴料金は少々高めですが、とても広いスペースで、ゆっくりすることが出来ました。

コメントはこちら

紅葉@生野銀山~黒川温泉

温泉訪問

去年は、台風の塩害の影響で紅葉はいまいちでしたが、今年は比較的正常な気候だったので、きれいな紅葉を期待していました。
ということで、今日、兵庫県の分水嶺付近の生野銀山湖に紅葉を見に行ってきました。

予想通り、見事な紅葉で、湖を見ながらしばしボォ~~~ッとしてきました。

tn_DSC06043.JPG

tn_DSC06044.JPG

生野銀山の奥に黒川温泉という、美人の湯があります。
温泉好きな私たち夫婦はやはり、これですね!(笑)
数年前にも行ったのですが、今日久しぶりに訪れてびっくり!

tn_DSC06055.JPG

なんと、ひなびた温泉がリニューアルされているではありませんか!
ちょうど昼時で、おなかもすいてきていました。
温泉に併設されている食堂でランチをたべて、いざ温泉へ!

アルカリ温泉と言うだけあって、湯船に入っていると肌がスベスベしてきます。

紅葉を見て、温泉にホッコリ入って、久しぶりにゆっくりした休日でした。

コメントはこちら

岩盤浴

温泉訪問

先日、最近はやり(?)の岩盤浴を初めて体験してきました。
(BLOGの温泉訪問カテゴリーへの書き込みは久しぶりです!)

最初、普通に浴槽につかっったあと、予約時間が来ると専用の上下を着衣して岩盤浴部屋へ向かいました。

薄暗いその部屋には一人一畳くらいのスペースが6人×2列向かい合わせにあります。
隣の人は見えないように仕切がありました。

岩盤浴が始まったころは

「これは、ドライサウナの温度の低い版みたいな感じかな?」

でした。

10分くらい経ったとき、首から汗がたらぁ~~~、と流れてきました。

「おっ、来た来た!」

その時、私は膝を伸ばして仰向けに寝ころんでいたので、
背中側に汗が流れていきました。

20分くらい経ったとき、隣のオジサン(だと思う人)が「フゥ~~~」っと思いっきりため息をついて、
「あつっ」と言いながら部屋を出て行ってしまいました。

私はというと、鼻と唇の間から汗が噴き出してきて、それが重力で鼻の中に流れ込んでくる、という奇妙な状況に陥っていました。

部屋の中には、いわゆるアルファー波系というか、1/fゆらぎ系というか、「癒し系」のBGMが流れています。

私は「これってちょうど熱帯夜の夜中に目が覚めたときと同じやなぁ・・・」

「ということは来年の熱帯夜の夜に、このBGMを流したら岩盤浴になるんかなぁ」

などと考えていました。

30分を経過した頃から、太股の裏側が少し熱くなってきたので、膝を立てて寝ていました。
そうすると、太股を伝って汗が流れ落ちてきます。

額も胸もお腹も汗でびしょびしょです。

「お~~~、これが岩盤浴かぁ」と・・・
次第に我慢モードに入っていく自分に気づきました。

なんとか50分コースを完浴(?)できました。

岩盤浴場を出て、洗い場に行って頭と体を洗い、水風呂につかって入浴終了しました。

その後、体が軽くなったような気がしていました。
体重が平常時より約2kg、体脂肪が約1.5減っていました。

今はもう戻っているかもしれませんが・・・。

また機会があれば入ってみたいと思っています。

コメントはこちら

「よかたん」でホッコリ

温泉訪問

兵庫県の吉川町にある温泉「よかたん」に行ってきました。

ここは、男女風呂とも、お湯の温度が38度前後のぬるめの源泉風呂があるんです。
駐車場はいっぱいでしたが、温泉の方はさほどの混み様はなく、
久しぶりにゆっくり1時間、源泉風呂につかってきました。

ホッコリ&リフレッシュしました!

TS2B0006.JPG

コメントはこちら

今田温泉

温泉訪問

先日、篠山市にある今田薬師温泉ぬくもりの里に行って来ました。
今回で4回目になるのですが、露天、内風呂を含めてたくさんの湯船があります。源泉湯が30度前後、中温湯が38度前後、普通の大浴場が40度前後に調整されており、ゆったり、ほっこりできます。
休日は少し混雑しますが、おすすめの温泉です。
060323_1305~02.JPG

コメントはこちら

湯庵(ゆ~あん)

温泉訪問

稲美町の北、三木市に新しくできた、この日帰り温泉は、とてもリラックスできる良い温泉でした。他の日帰り温泉と異なるのは、何回でも湯船に入れるということです。つまり、朝から晩まで、昼食をそこですませて、再び入浴できる、そんな温泉です。でも、そんな温泉だからこそ、入浴客の回転が悪いのか、土日の混雑は大変な状況で、平日に行かれることをお勧めいたします。
yu-an.jpg

1件のコメントがあります

新しい記事 »